BloGate|ぶろげーと

Lifestyle×Technology×World🌈生活×技術×世界

Technology World タンザニア モバイル

アフリカ・タンザニアでのモバイルマネーの使い方

投稿日:2020-02-26 更新日:

まいど!げーと👨です!

僕がアフリカに来た時に驚いたことと言えば、

モバイルマネーが発展していること。

日本のキャッシュレス決済とは似ているようでどこか違うため、

 👪 「モバイルマネーの使い方がわからない」
 👪 「モバイルマネーってそもそも何?」

という疑問を抱くことも少なくありません。

そこで今回の記事では、アフリカ・タンザニアで発達している

モバイルマネーの使い方について、図解付きでご紹介していきたいと思います。

アフリカ・タンザニアのモバイルマネー解説

アフリカ・タンザニアでモバイルマネーを使う手順

モバイルマネーの初期設定

まずは、モバイルマネーを使うために準備をしましょう。

準備はとても簡単で、SIMカードを手に入れた時に店員さんに

モバイルマネーの設定をしてもらうだけ。スマホに詳しい方なら、

SIMの会社によっては自分で設定することも可能です。

自身での設定方法については、別記事で紹介していきたいと思います。

モバイルマネーの入金

モバイルマネーの入金には、大きく分けて2つの方法があります。

ここでは、一番お手軽な方法1つを紹介していきます。

タンザニアの街中や村を歩いていると、

いたるところにWAKALAの看板を見つけることができます。

これは、スワヒリ語で代理人を意味する単語。

つまり、SIM会社の代理でサービスを行ってくれる人を意味します。

このWAKALAにモバイルマネーを設定した電話番号と現金を渡すだけ。

すると、その場で入金のお知らせSMSが届き、入金完了となります。

ちなみに、もう一つの方法は、銀行アプリを利用して入金する方法です。

モバイルマネーサービスの利用

入金が済むと、いろんなサービスを使えるようになります。

よく使うサービスは、

 ・ WAKALAでのお金の引き出し

 ・ 電気等のプリペイド購入

 ・ 友人や知人への送金

などがあります。

アフリカ・タンザニアでモバイルマネーを利用するメリット

 👪 「 モバイルマネーって何がどう便利なの? 」

という質問もときどき受けたりします。

モバイルマネーを使うメリットとしては

 ・ Vochaを使ってAirtimeの補充をしなくて済む

 ・ Vochaの販売店を探しまわる必要がなくなる

 ・ Airtimeの無駄遣いを防ぐことができる

 ・ 電波の入る場所ならどこでもサービスを受けることができる

などがあります。これらについて簡単に説明していきます。

Vochaを使ってAirtimeの補充をしなくて済む

スマホを利用する時には、

Airtimeと呼ばれるスマホ利用用のプリペイド電子マネーをチャージするか

料金プラン(Bundleと呼ばれる)をプリペイドで購入する必要があります。

プリペイドで購入する時には、Airtimeもしくはモバイルマネーを利用します。

そして、そのAirtimeを補充する時に使う、

シリアル番号付きのチケットのようなものをVochaと呼びます。

Vochaを手に入れると、Vochaに記載されているシリアル番号を使って

自分でスマホを操作してAirtimeに補充する必要があります。

モバイルマネーを利用すると、この面倒な作業をしなくて済みます。

Vochaの販売店を探しまわる必要がなくなる

Vochaがいつでもどこでも手に入るものなら、

あまりモバイルマネーのメリットを感じないかもしれません。

しかし、Vochaは売られているところがわかりづらく、

また、売っている販売店もWAKALAより断然少なく、

さらに購入額を自由に決められないのです。

自分の欲しい金額のVochaを手に入れるだけでも、

かなり苦労することも少なくありません。

Airtimeの無駄遣いを防ぐことができる

Airtimeは、プランを購入せずに通話やSMS、ネットなどの通信をすることで、

自動的に残高(Salioと呼ばれる)から利用額が引かれる仕組みになっています。

Airtimeの仕組みとしては、タライ[自分のSIM番号]に

水[Airtime]をいれて保管しておくようなもので、

タライの中にあるコップの水[料金プラン]が無いと、

気づかないうちに、タライの水 [Airtime]を使ってしまって

残りのタライの水[Airtime残高=Salio]がゼロになってる。。。

なんてことも、結構起きたりします。

一方モバイルマネーは、Airtimeのように自動的に引かれるものではないため、

安心して入金したままで持ち続けることができます。

電波の入る場所ならどこでもサービスを受けることができる

電気のプリペイド購入やスマホ料金プランの購入、

現金引き出しのサービスなどを、

電波の入る場所やWAKALAからいつでも利用することができます。

急に現金が必要になったり、スマホ料金プランを追加購入したりなど

モバイルマネーを利用することで

様々な場面でそのメリットを感じることができます。

アフリカ・タンザニアで役立つモバイルマネーのまとめ

今回の記事をまとめると、 モバイルマネーは

 ・ いつでも割とどこでも使えて便利

 ・ 入金の手間や残高の管理など面倒なことはほとんどない

 ・ 急な用件で現金が必要になっても安心

とものだと言えるかと思います。

ちなみに、知人から一度だけ

 👩 「モバイルマネーの残高が勝手になくなってるんだけど」

と相談を受けたことがあります。

電波番号とパスワードの管理が甘いと、

もしかしたらこういったトラブルになっちゃうかもしれませんが、

基本的にはスマホを他人に貸すことも、

パスワードを教えることも無いと思いますので、

僕自身は安心して利用できるものだと思っています。

少しでも、この情報が読んでくださった方のお役に立てていれば幸いです。

では、また!

🌈 🌈 げーと 🌈 🌈

-Technology, World, タンザニア, モバイル
-, , , , , , , ,

Copyright© BloGate|ぶろげーと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.